アシナガバチの駆除をする|ハチ退治でセーフティー確保

寄生虫の一種

朝、目が覚めたら身体のあちこちに小さな赤い斑点ができて無性にかゆい、などという経験を持つ人がいたら、その人の住む家にはトコジラミが繁殖している可能性があります。 トコジラミといってもあまりなじみがないかも知れませんが、上の世代の人にとっては南京虫という名でよく知られています。体調5mm程度の寄生虫で、動物の生き血を吸って成育します。この虫に刺されるとその部分が小さく腫れ、強いかゆみが1週間以上も続きます。 トコジラミはかつては日本国内で頻繁に見かけられましたが、公衆衛生の向上によって1970年代ごろにはほとんど姿を消しました。しかし近年になって人の往来が盛んになるにつれ、海外から持ち込まれることで再び猛威をふるうようになってきています。

グローバル化が進み、衛生状態がかならずしも良好でない国との交流が進むにしたがって、トコジラミの被害は今後とも増えていくものと予測されます。被害を食い止めるにはそれぞれの家庭においてトコジラミ駆除を行う必要があります。 トコジラミ駆除の具体的な方法としては殺虫剤の使用が基本となります。ただ、トコジラミは寝具や畳のすき間など人の肌が直接触れる場所に生息するため、薬剤による健康被害がないよう注意する必要があります。 また、最近では殺虫剤が効かない「スーパー南京虫」の存在も確認されています。そのため、徹底した対策を行うには専門のトコジラミ駆除業者に依頼するのが賢明です。薬剤の効かないタイプの場合、専門業者であれば強力なスチームなどを使って加熱することでトコジラミ駆除を行います。